哲学する喜び愛の輸出ビジネス日々考察

デッカイ宇宙で喜び合っちゃいませんか? 愛と労働と経済の秩序の環の哲学を語ります。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

喜び 

 

喜びと一口に言っても
気持ちの喜びの
嬉しいや悲しい。

大きく深い喜びの
感動や感激。

顔や身体で表現する喜びの
笑顔やガッツポーズ。

異性への喜びの
ときめき等など。

まだまだ色んな喜びがあります。
そんな中、私が思う喜びって
誰かと一緒に
共通共有してることで
喜びその環を拡げていき
力の源になるような
そんな喜びがイイものです。

自分一人で喜ぶのも
いいと思いますが
仲間たちと
一緒に喜ぶ。
これは至福だと思います。

英語で言う
「delight」が
しっくりきそうですね。
人を大いに喜ばせる
楽しませる
嬉しがらせる。

自分がやってことで
人が素敵な笑顔を
創ってくれたら
こんな喜びはないですよ。

世界中を
喜ばせる事ができる
輸出ビジネス。
貴方の可能性も
無限に広がり始めることです。
スポンサーサイト

category: 喜び愛

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。